機機投合

トレーダー目線の 株 為替(FX) 金融市場の動向・話題

FXトレード入門者、初心者へのオススメ

目次

 

トレードは難しい

 

トレード――長期積み立て投資ではなくて、それよりも短期で売買を繰り返すような取引のことですが――は、難しいです。安易な気持ちで取引すると収益を得るどころか、損失が膨らむばかりです。

 

実際に株であれFXであれ、短期売買の場合は7割以上の人がいずれ退場する、なんて言われることがあります。

私個人的には、退場は9割を超えると思ってます。

退場せずに取引をしている人の7割以上が損失を出してるか、パッとしない収益止まりの人達です。「相場の肥やし」とか「養分」なんて言われる人達です。

それなりの期間を通して安定的に収益をあげている人(いわゆる勝ち組)は3割以下、もしくは2割以下なのではないでしょうか。

 

1回や2回、ビギナーズラックで大きく勝つことはあります。でもそれは良くないです。

まぐれで勝ったせいで慢心し、その後に大きな損失を経験する人も多いです。

ビギナーズラックもなく、安定的に資金を減らし続ける人もいます。

 

勝っても損失、売っても損失。上がると思って買った途端に下がり、下がると思って売った途端に上がる。

ポジション持ったら含み損になり、損切りが大事だということで損切りしたら、その途端に反転しだして損切りを後悔。でも損切りしない時は、どういうわけか反転せずに含み損が膨らみ続け大損。何回かの取引で、利益を積み上げても、その後の損失で利益を吐き出す。

投資、FXトレード界隈では、金銭的収益という欲望を駆り立てるものだから、詐欺やイカサマ的な情報や商品も多いです。

結局多くの人がトレードもうまくいかない上に、怪しい人達に搾取されて退場になります。

 

ではどうすれば良いのか?

 

まずトレードには手を出さないという選択も一つです。トレードの難しさを知り、他の堅実な投資を勉強することです。この場合にはインデックス、パッシブ運用から勉強することを勧めます。(↓オススメの入門書)

 

 

それでもトレードをしたいのなら、投資にまわせる余裕資金の一部のみにしておきましょう。

 

トレードを学ぶ上で最も重要なことは?

 

最も重要なのは主体性です。自ら市場に向き合い自分の頭で考え、学ぶのです。初めのうちは多くの人は、勝つための秘密の方法、真理、聖杯があると考えがちです。高額のセミナーや商材、必勝法を求めさまよい歩き、「手法ジプシー」になったりします。

しかしこういった人も、自ら考える頭さえあれば、いずれ主体的に学ぶことの重要さに気づくはずです。

 

自ら市場に向き合い、失敗し、損失をだし、右往左往、葛藤しつつ少しずつ学んで行くしかないです。そうでなければ勝てるようにならないし、生き残れないです。

高額なセミナーや情報商材ではなくて、手頃な値段の本や教材、誠実な講師(後述のバカラ村氏など)にる良質なセミナーは良いと思います。

しかしその場合でも、自ら考え取り組むという主体性は忘れてはなりません。人任せにする時点で、相場や怪しい人達の養分になること確定です。

 

何から始めるべきか?

 

まずネットや本で基本的なこと、つまりFX取引の仕組み、コスト、取引方法などを知りましょう。投資、FXトレードで有名な出版社の一つがパンローリングです。

特に、リスク管理(損失管理)の重要さは絶対に学んでおかなければなりません。

 

基本的なこととリスク管理の重要さを学んだら、実際に少額から取引して、試行錯誤し、本やネット情報を参考にしつつも、自問自答しつつ経験を積んで行くしかないと思います。

あと初心者の内は損失を出し口座資金を減らし続けるのは、ほぼ確実なので少額取り引き可能なFX会社を選択しましょう。

 

参考はこちら→初心者向けのFX会社とメルマガ

 

スキャル?デイトレそれともスイング?

 

スキャル(スキャルピングトレード、超短期売買)、デイトレ(デイトレード、1日の中で売り買い決済)、スイング(スイングトレード、しばらく保有)のどれが適しているかは人それぞれです。スキャルで勝ち続けている人もいます。

しかし個人的な感想では、スキャルは難しいと言うトレーダーは多いし、生き残るのも難しい印象です。デイトレは専業トレーダー向けです。

 

個人的におすすめするのはスイングです。専業トレーダーの中にもスキャルをほとんどやらず、デイトレもあまりしないで、スイングをメインにしている人は結構多い印象です。スイングメインのトレーダーの中には結構稼いでいる人も多い印象があります。

 

資金の効率性、回転やレバレッジなどの観点から、スキャルやデイトレを好むトレーダーはいて、それは分かるのですが、素質のようなものがあるのでしょうか、上手くやれるのは一部だけという印象を持っています。

スキャル、デイトレメインの場合はパソコン画面をずっと監視していて、1ヶ月の獲得pipsは200~400pipsくらいが多いのではないでしょうか?

スイングメインの場合は席を離れられるし、複数の通貨ペアを見る余裕があるし、市場が動く場合にはですが、1週間で数百pips獲得できることがあります。

 

FXは取引時間や流動性などの観点から、個別株よりも安心してスイングトレードができるように思われます。

でもスイングメインの場合、膠着相場ではスキャル・デイトレーダーを尻目にずっと静観することになりますが。

 

あと、スキャルが禁止されているFX会社があります。こういったFX会社でスキャルすると口座を止められます。注意しましょう。

 

チャート分析?それともファンダメンタルズ分析?

 

これも人それぞれです。ファンダメンタルズ分析をほぼ無視して、チャート分析(テクニカル分析)だけで勝ち続けているトレーダーはスイングメインのトレーダーの中にもいます。

しかし個人的にはファンダメンタルズも重視した方がいいのかなぁ、とは思います。

ファンダメンタルズは難しい印象があると思います。まずは市場の動きとともに経済ニュース、経済指標を追って行き、市場がリスクオンなのかリスクオフなのか考えることから始めたらいいと思います。そして自分なりに経験を深めて行けばいいと思います。

(リスクオン・オフについての記事→)

 

為替の動きに関連したファンダメンタルズを学ぶ上でオススメ本は、私はあまり詳しくありません。

でも、古本屋で入手したのですが、「カリスマ受験講師 細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編」は良書だと思います。古い本で内容も、金本位制、ニクソン・ショック、ポンド危機、アジア通貨危機、ロシア危機(ロシアのデフォルト)、LTCMの破綻、、、といったものです。

古いけども、大きな視点でお金(マネー)の流れを学ぶ上で良書だと思います。日本経済編などもありますが、今回取り上げたのは、世界経済編の方です。

 

 

FXトレードの場合はチャート分析も必要です。これがないと売買するポイントがつかみにくいからです。チャート分析にも多くの種類があってトレーダーの個人差がかなりあります。

私は主に売買ポイント(エントリーや損切り、利食いの目標)を探るという観点を最重視してチャート分析をします。レジスタンスライン、サポートラインを重視する程度です。未来を予測するという観点ではしていません。ややこしい複雑な分析もしていませんし必要だとも思いません。

 

まずはレジスタンスライン、サポートラインを見ることから始めたらどうでしょうか。

f:id:kikitougou:20191106185802p:plain

豪ドル/米ドル 4時間足

 

実践的な取引法はどのように組み立てるのか?

 

トレーダーが100人いれば100人それぞれの取引法があります。しかしそれだと何のアドバイスにもならないので、大まかな示唆をします。

 

大まかにファンダメンタルズを見て、金融市場を見て、リスクオンかリスクオフかを見ます。それで方向性や売買すべき環境かどうかを考え、チャート分析(レジスタンスライン、サポートラインなど)で、エントリーや損切りなどを探る、という方向性で試行錯誤してみたらどうでしょうか。

FX取引の場合、弱い通貨を売り強い通貨を買う、というのが基本です。

株取引の場合は、値ごろ感での取引が通用する場合がありますが、FX取引ではそれはやめた方がいいというのが、個人的な意見です。

 

あと学ぶべき重要なことは、分からない時には手を出さない、です。

自分の分析、取引スタイル、手法から見て、取引すべき環境かそうでないかを判断するのは非常に重要です。これができないと、いつまでたっても相場の養分のままです。

 

より具体的な取引手法についての記事

www.kikitougou.com

 

最後にちょっと、、、。

 

私個人としては、高額な情報商材・セミナーはすすめないし、重用したこともありません。

しかし、私がまだFX取引が全然駄目だった頃、「FXだけで生活しちゃおー」というブログをされているバカラ村氏のことは信用し学ばせてもらいました。

動画を検索するとYouTubeなど無料で視聴できるものがあります。パンローリングでも関連の教材があります。

今現在は私は卒業という感じだし、手法、考え方も違ってますが、数多くのマガイモノ、魑魅魍魎が巣くう投資・FXトレードの世界の中で、バカラ村氏は本物だと個人的には思います。

宣伝ですが、、、値段的にも熟慮すべきだとは思いますが、、、。「バカラ村のFXトレード日報!」というメルマガがあります。一応お知らせしておきます。

 

ザイFX!投資戦略メルマガ(西原宏一、バカラ村、今井雅人)

(※料金は月単位の計算で日割り精算ではありません。1ヶ月単位での自動継続になります。無料期間中と有料期間中では利用できるサービスに違いがあります。その他、説明事項はよくお読みになって下さい。)

 

最後に、どのような教材を利用しようとも、それに依存してはいけません。

上記のバカラ村氏のメルマガを利用する場合でも、自分では何も考えずに、ただトレードを真似するためではなくて、洞察を深め自分自身の取引スタイルを確立するために利用するのをおすすめします。

バカラ村氏の取引も百発百中ではありません。損失もあります。

しかし、結果として利益だろうと損失であろうと、トレーダーとしての思考を学ぶことに集中したほうがいいと思います。コピートレードではなくて。

メルマガの内容に関すること限定で質問メールを送ることも可能です(無料期間経過後)。

参考までに。

最後にアフィリエイトっぽくなってすいません。

 

 

この記事内の商品の紹介は「もしもアフィリエイト」、「アクセストレード」を利用しています。

アフィリエイトのアクセストレード

 ※バナーは広告です。